ブラックバス釣り初心者におすすめのロッド・リール・ライン

 

これからブラックバスルアー釣りを始めようと思っている初心者の方に、自分でロッド、リール、ラインなどの道具を揃える場合、どんな基準で、どんなモデルを選べば良いのかをご紹介します。

高いものを選べば当然良いものなのですが、ここでは、釣りが十分楽しめる品質で、かつできる限りお手頃価格なモデルを厳選してご紹介します。


スポンサーリンク

 

ブラックバスルアータックル ダメなもの

まず、おすすめタックルを紹介する前に、おすすめできないタックルをご紹介します。

それは「初心者オールインワンセット」みたいな、ロッド、リール、ライン、ルアーが全部セットになって販売されているタイプです。

価格も抑えめで、あれこれ考えて組み合わせて買う必要もないので、つい買いそうになってしまいますが、ここは勇気をもってやめておきましょう。

理由は、パッキングされているものすべてが中途半端で、しっかりと釣りを楽しむには不十分だからです。
しかも、のちに紹介するように、もう少し予算を足せば、トラブルも少なく、しっかりした、長く使えるものが手に入ります。

とりあえず試しにルアーを体験してみたいだけだとか、お子さんのお遊び用なら、こういうセットでもOKだと思います。

 

 

ブラックバスルアー釣り 初心者におすすめのリール

ブラックバスのルアーフィッシングでは「スピニングリール」と「ベイトリール」をシチュエーションに応じて使い分けます。

これがスピニングリール


これがベイトリール


ブラックバス釣りの実際は「投げて巻く」の繰り返しになります。

巻くのは誰でも出来ますので、初心者の方にとっては、ルアーをストレスなく投げられるかどうかが最初の関門となります。

それを考えると、投げるのに慣れを必要とする「ベイトリール」は、初心者にはおすすめしにくいです。

「スピニングリール」は少し練習すれば、割と簡単に投げられるようになりますので、釣りに慣れていないうちはスピニングリールを選びましょう。

スピニングタックルだけでもブラックバスは十分に楽しめますから安心してください。

 

スピニングリールの大きさを決めよう

リールの機種が決まったら、次にリールの大きさを考えます。

スピニングリールは、同じ機種でも小さいサイズから大きいサイズまでラインナップされています。

大きさは「番手」と言われる4桁の数字で表されていますが、ブラックバスにちょうどいいサイズは、釣具メーカー シマノなら2500番、ダイワなら2000番が良いでしょう。

※番手など、リールについてはこちらの別記事でも詳しく説明しています。
>>別記事:釣り初心者のためのリールの選び方

 

ブラックバスにおすすめのスピニングリールは?

以上の条件で、お手頃価格なのにしっかりしている、初心者におすすめのリールはこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

ブラックバス釣り 初心者におすすめのロッド

次はロッド(竿)です。
ロッドを選ぶときは、長さと硬さをまず決めます。

上級者になってくると、釣り場のシチュエーションごとに長さや硬さの違うロッドを何本も用意しておくのですが、初心者のうちからそんなことはしません。

1本で幅広いシチュエーションに対応可能なロッドを選びます。

 

ロッドの長さについて

長さは、飛距離や使う場所などによって決まってくるのですが、ボート釣り中心なら飛ばす必要がないので6フィート、陸っぱり中心なら、飛距離が必要なこともあるので、6.6フィートを中心に考えればよいでしょう。
※1フィート=1ft.=30.48ccm

 

ロッドの硬さについて

ロッドの硬さを決めるのは、軽いルアーを使うときは柔らかいロッド、逆に重ければ硬いロッド、というのが主な基準です。

ロッドの硬さはアルファベット表記で規格化されていて、

UL(ウルトラライト) 超柔らかい
L(ライト) 柔らかい
ML(ミディアムライト) 普通
M(ミディアム) ちょっと硬い
MH(ミディアムヘビー) 硬い
H(ヘビー) 超硬い
ブラックバスのスピニングタックルで多用されるのは、LかMLです。

初心者の方のシチュエーションを考えると、最初の1本は、汎用性が高いMLの硬さがおすすめです。

 

ブラックバスにおすすめのロッドは?

釣りを始めたばかりの頃って、竿の長さに慣れていなくてどこかにぶつけたり、地面に置いた竿を誤って踏んでしまったり、ルアーを巻き取りすぎて竿の先端を傷つけてしまったり、とにかく竿を折ってしまう確率が高いです。

竿に大きめの傷がつくと、そこから亀裂が大きくなり、投げているうちにポッキリ折れることもあります。
高い竿を買って釣行2,3回でパキッと折れると悲しいですので、最初は安めの竿を買っておいたほうが無難でしょう。

以上の条件で、安いのにしっかりしている、初心者におすすめのロッドはこちら。

 

 

 

ライン

ラインについては、最初のうちはそれほどこだわらなくても大丈夫です。

 

ブラックバスで使用するラインの材質

ラインは材質の違いにより「ナイロン」「フロロ」「PE」と3種類あります。

この中で、一番扱いやすく基本となるのが「ナイロン」になります。

 

ブラックバスで使用するラインの太さ

次に糸の太さですが「lb」で表示します。
エルビーと書いて「ポンド」と読みます。

厳密にいうと、ポンドは太さを表しているのではなく、限界荷重を表していますが、だいたい太さと比例します。

ポンドは重さの単位で、1lb=約453gですので、1lbのラインは、453gまでの重さまで切れずに耐えられるという意味があります。

でも実際は、使う糸の太さを決める時に、釣れる魚の重さを考えて決める人はあまりいません。

感覚的に「あの釣りなら〇〇ポンドのラインでちょうど良いな」なんてわかってきます。

ブラックバスルアーでスピニングリールに巻く、ちょうど良い太さは6lbです。

 

ブラックバスにおすすめのラインは?

・ナイロンライン
・6lb
・ラインの色は蛍光色ではない
・100mで500円以上のもの

であれば何でもOKです。
例えば、こういう感じです。

 

 

ブラックバス釣り 初心者におすすめのルアー

ブラックバス初心者におすすめのルアーは説明が長くなるので、別記事にまとめています。

>>別記事:ブラックバス初心者のためのルアーの選び方

 

 

ブラックバス釣り初心者のためのタックル まとめ

いかがでしたか?

ロッド、リール、ラインで1万円くらいで収まり、かつ、なかなかの性能を備えたタックルをご紹介しました。

これなら現場で道具のトラブルに泣かされることはほぼないでしょう。
是非楽しい釣りを満喫してください!

 

スポンサーリンク

コメントを残す